フィトメール50周年 beauty by the sea 私たちのコミットメント・パッション

創業者の孫娘、社長の娘、フィトメール社 副ジェネラルマネージャー
マチルダ ジェドワン ラガルドが語るフィトメールの50

 

「私たちの海への情熱は、父から息子へ、息子から娘へと受け継がれてきました。海を街に、海の恵みをあらゆる場所で、あらゆる人に提供すること。

マリンバイオテクノロジーや皮膚生物学の研究、海藻や沿岸植物の栽培、そして製品の製造に至るまで、すべてをイン=ハウスで行っています。私たちは、発見者であり、栽培者であり、収穫者であり、創造者であり、生産者なのです。」

フィトメール 副GM マチルダ・ジェドワン=ラガルド(写真左)&トリスタン=ラガルド(写真右)

 

LIKE A START UP

1972年、私の祖父であるジャン ジェドワンは、バルネオセラピーの始まりである海水浴の効果を自ら体験し、フィトメールを作るというビジョンを持ちました。海を都会へ、そして海をスキンケアに変えることを決意しました。ジャンは、フランス西海岸の美しい海辺の町サンマロの自宅ガレージで、家族の助けを借りて、海藻パウダーとオリゴメール(ブランドの象徴である濃縮海水)を使ったボディケア製品の製造を始め、1978年には祖父母の農場に最初のフォーミュレーションラボを設立しました。モンサンミッシェル湾にある最初の研究所に忠実であり続け、現在では1万平方メートルを占めるイノベーション&プロダクションセンターは、ナチュラルコスメティックスの最前線に位置しています。それは、細胞培養や遺伝子解析センター、オーガニックマリン植物のバイオクライマティックグリーンハウス、バイオテクノロジー研究所などです。1979年、沿岸植物を配合した化粧水「ローション ローゼ ヴィザージュ」を開発し、以来、大きな成功を収めています。世界中で、4分に1本の割合で販売されています。

フィトメール社イノベーション&プロダクションセンター

 

フランスから世界へ

1981年、私の父、アントワーヌ ジェドワンが家業に加わり、素晴らしい国際展開を開始し、フィトメールは瞬く間に世界の主要スパブランドのひとつとなりました。1982年にイタリア、1985年に米国とカナダ、そして日本、ギリシャ、フィンランドと続き、やがて世界80カ国に広がりました。1991年には、フロリダでISPA(国際スパ協会)の設立に参加し、世界規模でウェルネス産業を構築していくことになりました。1997年、ジャンはフィトメールの社長職を息子のアントワーヌに譲り渡しました。海、健康、イノベーションへの情熱を軸に、家族の歴史はこれからも続いていくのです。現在、フィトメールは約80カ国で展開され、1万件近いスパがあります。

 

肌を通じたウェルネス

ブランド創設以来、肌と同様に心にも有益な、奥深いスキンケア体験を常に提唱しています。ホリスティックスキンケアのパイオニア的な存在として知られています。1989年、私たちは「ブーショッファン」を開発しました。背中に塗るとパチパチの音を立てて体の緊張をほぐし、顔をケアしている間にミネラル補給がかなう泥パックです。これは紛れもない成功作であり、私たちのトリートメントメニューの柱となっています。90年代には、空気中の汚染物質対策を目的としたフェイスライン「シティライフ」と、タイにヒントを得たハーブボールマッサージ「シーホリスティック」で、先見性のあるライフスタイルを実現しました。 2000年には、まだフランスにリバイタライゼーション専門のスパがほとんどなかったため、サン=マロ(ブランドの創業地)に、最初のスパを設立しました。この後、今度はパリに、ウェルビーイングに焦点を当てたフィトメールのスパを2つオープンしました。2019年にPhytomer Spa Etoile(フィトメール スパ エトワール)、2021年にPhytomer Spa Trocadéro(フィトメール スパ トロカデロ)です。これらは、トリスタン ラガルド(私の夫で共同副ジェネラルマネージャー)と私が率いる戦略的なスパプロジェクトです。私たちは2010年に入社し、エコとデジタルの変革を確実なものにし、父、アントワーヌとともに家族のサクセスストーリーを引き継いでいます。

 フィトメール スパエメラルド(サンマロ)

シー ホリスティック トリートメント 

 

自然を尊重する

ブランドの根底には、環境に対する真摯な姿勢があります。創業以来、私たちは肌と環境を最大限に尊重し、ブルターニュで製品を生産してきました。2007年、私たちは生産水を浄化するためのフィルタリングガーデンを設置しました。これは、持続可能なスキンケアに対する私たちのすべてのコミットメントの先駆けでした。特に、2012年にはバイオテクノロジー研究所を設立し、最も壊れやすい藻類を培養器で育て、肌に最高のパフォーマンスを提供することを可能にしました。あるいは2017年には、私たちのCSR(企業の社会的責任)アプローチを認め、最もエコロジカルな企業のひとつにランクされる第1ECOVADIS認証を取得しました。それ以来、毎年ECOVADIS GOLDの認証を取得しています。2021年には、シフォリアオーガニックラインの発売と、持続可能でリサイクル可能な素材によるパッケージの再設計により、私たちのコミットメントをさらに証明しています。

 

倫理的責任ある未来

フィトメールは、50年前にすでに今日の世界を予見していた、美と健康の分野におけるパイオニアブランドです。自然、心身の健康など、本質的なものとの接点を再び求める世界。私たちの哲学は、今日のお客さまのご期待とこれまで以上に共鳴し、世界中のホテルスパやハイエンドリゾートで私たちのブランドへの関心が高まっているのもそのためです。

50年前からずっと、私たちの製品はすべてブルターニュの研究所で製造され、自然と人間とを尊重した持続可能な開発の最先端にあります。50年後、海洋バイオテクノロジーのおかげで、ブルーヘルス(海などの水辺の環境がウェルビーイングや健康をもたらすという考え方)は現実のものとなるでしょう。フィトメールはすでに、この自然で責任ある倫理的なケアの道に完全にコミットしています。


前の記事 次の記事